レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

アンチロールバー(ANTI-ROLL BAR)

走行中、マシンの横方向に働く慣性力が車体を傾けようとする力(ロール)に反発し傾きを抑える為の部品。スタビライザーともいう。「コ」の字型の金属棒で左右のサスペンションを連結する構造をとる。車体がロールを受け傾いている時、左右片方のサスペンションが縮み、もう一方が伸びる。この時「コ」の字型の金属棒には捻れの力が働くと同時に、捻れの方向とは逆の方向に捻れを元に戻そうとする見かけの力(反発力)が働き、車体の傾きを小さくしようとする。車体が左右に傾くと重心も傾く為、その分の荷重移動を考慮したドライビングが必要になる。

アンチロールバー(ANTI-ROLL BAR)