レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

エア抜き

ブレーキフルード等の液体中の気泡を除去する事。液体は外部から圧縮圧力が働いても体積が変化する事は無いが、気体は圧縮されて体積が小さくなる。したがってブレーキフルード内に気泡が混じっているとブレーキ踏力を加えた際、気泡がクッションになってしまいブレーキパッドを押す力を吸収してしまい、パッドを押す力が上手く伝わらない。ブレーキを酷使していると熱によってブレーキフルード内に気泡が発生してしまう。ペダルの踏みしろは甘くなりブレーキの利きも悪くなるため危険である。また、冷却水内の気泡も冷却効果を低下させてしまうためエア抜きが必要となる。