レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

エンジン(ENGINE)

ここでは「自動車の動力を発生させる装置」という狭義の意味でのエンジンとする。液体燃料と空気の混合気が燃焼するときに発生する熱エネルギーをピストンの往復運動という運動エネルギーに変換する機構を持つ。ピストンの往復運動はクランク機構を介して回転運動に変わる。熱エネルギーの元となる燃料を機関内部で燃焼させるエンジンを内燃機関と呼び、自動車のエンジンは内燃機関に当たる(燃料を機関外部で燃焼させる外燃機関も存在し、自動車用外燃機関も研究されたが実用化には至っていない)。レーシングカーに搭載されるエンジンはガソリンを燃料とした内燃機関の一つである。

エンジン(ENGINE)