レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

オイルキャッチタンク(OIL CATCH TANK)

エンジンの燃焼で発生するブローバイガスは通常別ルートから吸気側に戻されて吸気ガスと合流させて再び燃焼させるが、レース用にチューニングされたエンジンはブローバイガスに含まれるオイルの量が多くなる為、吸気側に送られる途中オイルキャッチタンクを通す事でオイルを取り除いている。