レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

オーバークール(OVER COOL)

運転中のエンジン内を循環する冷却水やオイルの温度は、エンジン仕様によって適切な温度範囲が設定されている。定常運転中の流体温度が適切な温度範囲から低い方に外れている状態をオーバークールと言う。運転状態にあるエンジンは熱を発生するため各部品も当然熱を受け温度が上がり膨張する。エンジンは各部品が膨張する事を考慮して設計されている為、冷却が発熱に勝って各部品の膨張が足りないとエンジンが持つ本来の性能を発揮する事が出来ずパワーダウンを招く。これは各部品間のクリアランス(すき間)が適切でなくなり、特に燃焼室においては良い気密が得られない為である。冷却水やオイルの循環路に温度センサーを設置する事により運転中の温度を確認する事ができる。

参照
オーバーヒート(OVER HEAT)