レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

バネ下重量

スプリングの一端はシャシー、エンジン、ミッションといった車体のほぼ全体の重量を占める主要部品に接続される。この一端に接続される部品類の総重量をバネ上重量と呼び、一方、他端に接続され、バネ上重量に含まれないタイヤ、ホイール、ブレーキ、アップライト、サスペンションのロアアーム、ドライブシャフトといった部品類の重量をバネ下重量という。路面から受けた振動はスプリングで吸収される。バネ下重量はタイヤの路面に対する追従性に繋がる。タイヤが路面から受けた衝撃により生じる振動はバネ下重量が小さいほど収まり易く、タイヤの路面に対する追従性が向上する。考え方としてバネの一端に重りを吊り下げて伸縮させることを想定すると、重りの重量が小さいほど伸縮は早く収まる。この重りの重量をバネ下重量と考えるとよい。