レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ピストン(PISTON)

エンジンの主要部品の一つ。シリンダー内で起こる爆発のエネルギーを直接受けて往復運動する。材質は強度のある鍛造アルミ合金を用いるのが普通。エンジンの燃焼室の形状はペントルーフ型と呼ばれる形状を採用する事により、高圧縮比かつ速い燃焼速度、異常燃焼を極力防ぐ事を可能としている。「ペントルーフ」とは屋根という意味で、ピストン頭頂部は一般的な家の屋根のような山型の形状を持つ。ピストン側面にはピストンリングというシール部品を固定する為の溝が設けてある。