レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ピストンリング(PISTON RING)

ピストンとシリンダー内壁との間をシールする部品。リング形状を持ち、ピストン側面に設けられた溝に装着される。弾性を持っておりシリンダー内壁とのクリアランスを保ち、燃焼室とクランクケース内との気密を保つ役割を果たす。ピストンリングはピストンとシリンダー内壁間の潤滑オイルの被膜厚さをコントロールする為のオイルリングと、燃焼室のガスがクランクケース内に漏れないようにする為のコンプレッションリングの2つからなる。その為、ピストン側面には2本以上の溝が設けられる。