レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

プッシュロッド/プルロッド(PUSH ROD/PULL ROD)

サスペンション部品の一つで、ロッカーアームを介してスプリングの反発力をタイヤに伝える棒状の部品。サスペンションがバンプした際、ロッドを押す形でスプリングが縮む方向に力を伝えるレイアウトをもつサスペンションを「プッシュロッド式」と呼ぶ。逆にロッドを引っ張る形で力を伝えるレイアウトを「プルロッド式」と呼び、こちらはスプリングやダンパーを車体の下側に配置することが出来、リアカウルのデザインに拡張性をもたらし、重心も低く抑えられるというメリットがある。しかしプルロッド式をフロントで用いるとドライバーの脚の両側にダンパーとスプリングが配置されるのでノーズには一定の幅が要求される。ノーズ幅が狭く、ハイノーズ化した現代のフォーミュラではフロントにはプッシュロッド式を用いるのが普通である。