レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

フライホイール(FLY WHEEL)

フライホイールは「はずみ車」と呼ばれる円盤状の金属製の部品でエンジンの回転エネルギーを慣性モーメントとして保存する為の部品。クランクシャフトとクラッチの間に設置される。エンジンの爆発は瞬間的で断続的であるため、特に低回転域において振動が大きくドライバーにとって乗り心地が悪い。フライホイールを回す事で回転に勢いが付き、1回転あたりの速度変動を抑え滑らかな回転を得る事が出来る。また回転にはずみが付いているのでトルクの低い低回転域において坂道等の負荷の大きい場面でも失速しにくくなる。しかしフライホイールは重量物であり、軽ければ軽いほど当然エンジンのレスポンスは良い。常に高回転域を使用するモータースポーツでは必要性が無く、極力軽いものを用いるかフライホイールそのものを設置しないカテゴリもある。