レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

プレーキパッド(BREAK PAD)

回転するブレーキディスクの両サイドに押し付けられて摩擦を発生し制動を得る為の部品。板状で、パッキングプレートと呼ばれる金属製の板とライニングと呼ばれる板状の摩擦材を貼り合わせてある。ブレーキキャリパー内においてブレーキディスクを両側から挟む形で2個設置されキャリパーのピストンがパッキングプレートを押すとライニングがブレーキディスクに押し付けられて摩擦する。この時マシンの運動エネルギーが摩擦熱として熱エネルギーに変換されてマシンの速度が小さくなる一方、ブレーキディスクやブレーキパッドの温度が上昇する。熱は走行中に大気に放出される。ライニングはカテゴリによって制動性能を十分に発揮する温度範囲が設定されている。

プレーキパッド(BREAK PAD)