レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ベーパーロック(VAPOR LOCK)

ブレーキペダルを踏んだ際の力はブレーキ装置の系統内を満たすブレーキフルード(オイル)を介してブレーキキャリパーに伝わりプレーキパッドを押す力となる。ブレーキパッドとブレーキディスクとの摩擦熱によってフルードが過熱され気化すると、液中に気泡が発生する。ブレーキフルードがペダル踏力を余すところ無く伝えることが出来るのはフルードが非圧縮性だからであり、この中に気泡が混じるとフルードが加圧された際に気泡が圧縮されてしまい、フルードの圧力が上がらずブレーキパッドを押す力が小さくなる。この現象をベーパーロックといい、制動力の悪化を招く。ベーパーロックを防ぐにはこまめなガス抜き、またマシンに適正なブレーキフルードを使用することである。