レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ギヤレシオ(GEAR RATIO)

歯数の異なる歯車(ギヤ)を噛み合わせる事で両者の回転数には差が出る。この回転数の差を比で表したものをギヤレシオといい、減速比、変速比ともいう。トランスミッションは歯数の異なるギヤを利用してエンジン回転数を減らしプロペラシャフトに伝達する為の機器で変速機とも呼ばれる。減速比の計算は簡単に言うと「回される側のギヤの回転数÷回す側のギヤの回転数」となる。エンジン回転数が3,000rpmの時プロペラシャフトが1,000rpmであれば1,000÷3,000=3.0の減速比となる。通常使われるマニュアルミッションはエンジン回転を段階的に減速して伝える機構を持ち、どの段階(1速、2速、・・・)を使うかはドライバーが選択しシフトレバーでギヤの噛み合わせを操作する。トランスミッションの本来の目的はエンジンの回転エネルギーを効率良く車体の運動エネルギーに変換させる事。これは減速比の数値の大きさが伝達されるトルクの大きさに比例する事を利用したもの。

ギヤレシオ(GEAR RATIO)