レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

グラウンドエフェクト(GROUND EFFECT)

車体下面に流体的くびれを作り(ベンチュリ管形状)車体下面に負圧を生じさせてダウンフォースを得る手法。1970年代に発明されF-1をはじめとする各種レーシングカーに用いられたが、やがてゴムやブラシのサイドスカートを用いて車体下面の空気をサイドに逃がさないようにしてより大きなダウンフォースを得るようになっていったが、何らかの原因でサイドスカートから空気が漏れると急激にダウンフォースを失い、重大な事故が度々起こった。現在ではレギュレーションにより禁止または大きく制限されている。