レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

コイルスプリング(COIL SPRING)

金属等の弾性変形時に生じる復元力を利用する為の部品をばねと呼ぶが、金属の丸棒をグルグルと巻いてコイル状にしたバネをコイルスプリングという。バネの硬さ(バネレート)はコイルの線径に比例し、巻き数及び巻き径に反比例する。つまり丸棒が太ければ硬く、巻き数、巻き径が大きければ柔らかい。

コイルスプリング(COIL SPRING)