レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

コーナリングフォース(CORNERING FORCE)

コーナリング時、タイヤの向きと実際にタイヤの進んでいる方向との間には、自動車の構造上必ずズレが生じる。これは4つのタイヤ全てに起こるもので例え低速においても旋回中タイヤは路面を掴みつつも表面は歪んで少しずつアウト側に滑っている。この滑りをスリップといい、タイヤの向きとタイヤがスリップしている方向との間に出来る角度をスリップアングルという。
コーナリングフォースとは、コーナー旋回中実際にタイヤが進んでいる(スリップしている)方向に対して直角の方向に働く力の成分の事である。これは旋回している車を真上から見たとき旋回円の接線と直角の向きに働く力であるので実際の遠心力と釣り合った力である。
ちなみにタイヤの向きと直角方向に働く力の成分をサイドフォースと呼ぶ。