レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

転がり抵抗

車が走行している時、車を動かそうとする駆動力に対して様々な抵抗力が働いている。車体にかかる空気抵抗や摺動部の機械的抵抗等がそれである。それらの抵抗の中でも特にタイヤにおいて発生する抵抗を転がり抵抗という。転がり抵抗はタイヤの変形、接地摩擦、空気抵抗の3要因から構成され、中でもタイヤの変形による抵抗が転がり抵抗の9割程度を占める。それは駆動力を受けてタイヤが変形する際エネルギーロスを生じている為である。タイヤの変形が大きければ大きい程エネルギーロスも大きい為、転がり抵抗も大きくなる。また、転がり抵抗の大きさはタイヤの空気圧にも関係がある。タイヤの空気圧が低くなると転がり抵抗は増大する。よってタイヤの空気圧が低過ぎるとエネルギーロスが大きく燃費も悪くなる。