レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

摩擦円

タイヤの持つ摩擦力は限界が決まっており、走行時は一定の摩擦力を前後方向及び左右方向に振り分けて使っている事を視覚的に理解しやすく図示したもの。水平軸と垂直軸の2次元座標において軸の交点を中心点とした真円を描き、水平軸を横グリップ、垂直軸を縦グリップとして見る。真円はタイヤの持つグリップ限界を表し、例えば垂直軸の下側と真円との交点は制動時にタイヤの縦グリップを限界まで使っている状態である。この時タイヤに横方向の力(コーナリングフォース)が加わると力のベクトルが円の外にはみ出す。円の外側はグリップ限界を超えた範囲であるため、タイヤがスライドすることを表す。