レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

マスターシリンダー(MASTER CYLINDER)

ブレーキペダルを踏む力を油圧に変える為の部品。シリンダー内にはピストンがあり、ブレーキペダルと連動してシリンダー内のブレーキフルードを加圧する。作動原理は注射器と同じでペダルを踏むとピストンが押され、シリンダー内を加圧する。マスターシリンダーからはパイピングライン、ブレーキホースが伸びており、ブレーキキャリパーに接続される。この系統内はブレーキフルードが充填され、密閉された系統でありマスターシリンダー内のピストンが押されることによりフルードに均一に圧力が加わりブレーキキャリパーに納められているピストンを押す力となる。キャリパーのピストンはブレーキパッドを押し、ブレーキディスクに押しつけて摩擦させ、制動力を得る。

マスターシリンダー(MASTER CYLINDER)