レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ミッドシップ(MIDSHIP)

エンジンの搭載位置が車体の中心付近に設置されるエンジンマウント方式で、一般的にコクピットと後輪車軸との間に搭載されたものをいう。この方式を採用することにより車体の中でも最も重量の大きなエンジンを車体中心に置くことで重心位置が中心近くになり走行における荷重の偏りを小さくすることが出来る。その為高い車速でのコントロールが可能となり、レーシングカーに適したマウント方式といえる。ミッドシップエンジン且つ後輪駆動の車をミッドシップエンジン・リア駆動(MR)と呼び、フォーミュラカーは全てMRである。