レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

燃圧(FUEL PRESSURE)

燃料を粒子状にしてエンジンに噴射するインジェクターは電磁弁であり、弁の1次側には燃料ポンプから常に一定の圧力で燃料が送られている。この圧力を燃圧という。燃料の噴射量は開弁時間で制御されている。これは燃圧が一定であるという前提のもとに設定されているプログラムなので、燃圧が変化してしまうと燃料と空気の混合比が計算と合わなくなってしまう。したがって燃料供給ラインには燃圧を一定に保つためのレギュレーター(圧力調整弁)が設けられている。