レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

燃焼室(COMBUSTION CHAMBER)

燃料と空気の混合気が燃焼して圧力を発生させる空間。燃焼室の形状はエンジンの性能に大きく関わる要素である。エンジンは圧縮比が高ければ高いほど高出力を得る事ができる。燃焼室の形状は「ペントルーフ」型とよばれる形状が一般的で、これはピストンヘッドの形状が家屋の屋根のように左右対称の傾斜を持っていて、高い燃焼効率と圧縮比を得る事ができ、4バルブエンジンの燃焼室形状としてはほぼ理想形であるといってよく、F1エンジンでも採用されている。