レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ノッキング(KNOCKING)

正常なエンジンの燃焼はスパークプラグの電極で発生する火花が燃料と空気の混合気に着火する事によって行われるが、スパークによって生じた火炎がシリンダー内の混合気に全て伝播する前に未燃焼のガスが自ら着火する現象をノッキングという。ノッキングが発生するとシリンダー内に衝撃波が生じ、その過大なエネルギーにより燃焼室内の温度、圧力が異常に高くなりピストンやピストンリングといったエンジン部品の破損に繋がる。