レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ノックセンサー(KNOCKING SENSOR)

ノッキングが発生すると通常より高いエネルギーの衝撃波が特定の周波数を持つ音圧を生じさせる(ノック音)。ノックセンサーはこの周波数の音波による振動を感知し、ECUに信号を送る働きを持つ。ノックセンサーから信号を受けたECUは点火時期を遅らせることでノッキングを防ぐ。