レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ラジアルタイヤ(RADIAL TYRE)

トレッド面の内側にはカーカスコード(プライコード)と呼ばれる金属繊維の帯が入っており、この繊維の方向がタイヤの中心線と垂直に交差した構造をラジアル構造といい、ラジアル構造を持つタイヤをラジアルタイヤと呼ぶ。カーカースコードの上にはさらに補強のためのスチールのベルトが巻かれている。かつてはカーカスコードを斜めに交差させたバイアスタイヤが主流であったが、剛性の高いラジアルタイヤの性能が向上してくると、構造上剛性に劣るバイアスタイヤは使われなくなった。