レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ラックアンドピニオン(RACK & PINION)

ドライバーのステアリング操作によりステアリングシャフトの先端にあるピニオンギヤが回転すると、それと噛み合うラック(歯が切ってある棒状の部品)が左右に動き、タイロッドを動かす構造をラックアンドピニオンと呼ぶ。ステアリング操作がダイレクトにタイヤに伝わる一方、路面からのキックバックもダイレクトに伝わる為、マシンコントロールがシビアなレーシングカーに適している。フォーミュラマシンは全てラックアンドピニオン方式を採用している。