レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

最高出力(MAX POWER)

出力とは単位時間あたりに行った仕事量の事で仕事率を表す。エンジントルクに回転数と比例定数をかけた値。最高出力はエンジンの仕事量(クランクシャフトを回すエネルギー)が最も大きい時の値をいう。出力の単位として「PS(馬力)」が用いられてきたが、近年は国際単位系(SI)の「kW(キロワット)」を用いるようになった。通常は最高出力時のエンジン回転数と共に「○○kW(PS)/△△rpm」と表記される。回転数(rpm)は1分間にクランクシャフトが回転する回数の事で、例えば最高出力「90kW/6,000rpm」と表記されているならクランクシャフトが1分間に6,000回転している時90kWの出力を発生しているという事。これは6,000回転より回転数を上げてもフリクションロスの増加の方が勝ってしまい出力は上がらないばかりか逆に下がってしまう事をも示す。