レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

サスペンション(SUSPENSION)

懸架装置と呼ばれ、タイヤを基礎として車体を持ち上げつつ走行時の衝撃を吸収し走行中タイヤを安定して路面に接地させる為の緩衝装置。サスペンション方式には様々な種類があるが、現代自動車のサスペンションにおいて最も一般的なのは路面の凹凸に対する追従性が最も良いとされる独立懸架式と呼ばれる方式である。その中でもダブルウィッシュボーン式と呼ばれる方式はサスペンション剛性を確保し易く、サスペンションがストロークした際のキャンバー変化が少ない事から路面に対するタイヤの追従性が良く、またアーム類の長さや取付角度等を調節する事によるセッティング幅が非常に幅広く取れる為フォーミュラカーを始めとするレーシングカーに広く用いられている方式である。