レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

サスペンションストローク(SUSPENSION STROKE)

サスペンションにおいてダンパーの伸び縮みによる車輪の上下可動距離をいう。可動範囲でダンパーが最も縮んだ状態をフルバンプ。ダンパーが最も伸びた状態をフルリバウンドという。基本的にフルバンプ状態はサスペンション機構が無い状態に等しく、それ以上荷重移動が利かないのでタイヤの性能を使いきれていない可能性があり、フルリバウンド状態はタイヤが路面から離れてしまいグリップを失ってしまう。どちらも好ましくない状態である。フォーミュラマシンの場合はエンジン性能、制動力、タイヤの性能等マシンの運動性能に合わせてサスペンションが設計されているので正常なコース上を走っている限りはフルバンプ、フルストローク状態になる事はまず無いと考えてよい。