レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

シリンダー(CYLINDER)

ピストンが往復運動をする為の筒状の部品。レシプロエンジンはシリンダー内でピストンを往復運動させ、流体を媒体としてエネルギー変換を行う機器である。エンジンは複数のシリンダーを持つがシリンダー数とその配列により分類される。シリンダーが複数一列に並んだものを直列気筒型、クランクシャフトを軸としてシリンダーを左右交互に角度を付けて配列されたV型、左右のシリンダーのなす角度が180°の水平対向型に大きく分けられる。直列気筒型は構造がシンプルで設計面、製作コスト面において優れているという利点があり、V型は製作コストは比較的大きいがエンジンそのものをコンパクトに作れるという利点がある。また水平対向型はシリンダーがクランクシャフトと同じ高さにあるため非常に重心が低いという利点がある。