レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

水温計(WATER TEMPERATURE GAUGE)

エンジンの冷却水(クーラント)の温度を測定する計器。エンジンにはそのエンジンが持つ本来の性能を十分に発揮するための適正な水温範囲が設定されている(もちろん油温も)。水温計は運転中の水温がこの範囲から外れていないか確認するための計器である。冷却水の流路には温度センサーが設置されており、水温計はセンサーから電気的信号を受け温度表示器に水温を表示する。表示器はコックピット内にありドライバーが常時確認できる他、データロガー搭載車においては走行中の水温変化をデータとして残しておく事が出来る為いつでも確認する事が出来る。冷却ファンを持たず前進する事によって得られる空気の流れを使って冷却するフォーミュラカーでは、水温はコンディションによって違ってくるので走行中の水温を確認する事によりラジエーターの通気口の開口部を拡げたり狭くしたりする事で適正な水温を狙って冷却効果を調節するのが一般的である。