レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

スパークプラグ(SPARK PLUG)

エンジンの燃焼室内で火花を作り出し混合気燃焼のきっかけを作る為の部品。混合気中のガソリンは高温下においても自然発火しにくく、タイミング良く発火させるには火を着けてやる必要がある。スパークプラグにはプラスとマイナスの電極が設けてあり、点火装置で作られた高電圧が両電極間に大きな電位差を作ると電極間に放電が生じる。放電は高い熱エネルギーを持ち、電流が火花のように流れて燃焼室内の圧縮混合気に着火、爆発させる。放電時間は約1000分の1秒と極めて短時間である。