レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

スリップアングル(SLIP ANGLE)

車が旋回している時、車体を上から見てタイヤの中心線とタイヤの実際の進行方向が成す角度の事。厳密に言って、どんなに低速であれ旋回中のタイヤにはスリップアングルが生じる。これは車の性質上避けられない現象で、低速走行中も非常に小さいスリップアングルが生じており、タイヤの中心線と実際の進行方向とは一致していない。スリップアングルが大きくなる場合というのは例えばコーナリング中にアンダーステア傾向があればフロントタイヤ、オーバーステア傾向があればリヤタイヤのスリップアングルが目立ってくる。スリップアングルを小さくする事は車を速く走らせる為の走り方の一つと言えるが、大切なのはドライバーが前後輪のスリップアングルを狙い通りにコントロールできる事である。