レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

セルフアライニングトルク(SELF ALIGNING TORQUE)

旋回時、スリップアングルが付いてコーナリングフォースが発生しているタイヤにはスリップアングル0°に戻そうとするモーメント(回転力)が働いており、これをセルフアライニングトルク(SAT)と呼ぶ。旋回状態でステアリングから手を離すと蛇角が0°に戻ろうとするのはセルフアライニングトルクが主な要因である。SATはスリップアングルがある程度小さい領域ではコーナリングフォースに比例して大きくなるが、スリップアングルが大きくなってくるとある角度を境に減少していき、さらにスリップアングルが大きくなるとついには負の値となりステアリングを更に切り込むモーメントが発生する。