レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ターボチャージャー(TURBO CHARGER)

エンジンの出力を上げる手段の一つとして、吸入空気の圧力を大気圧より高く上げ、高密度の空気を燃焼室に送り込む方法がある。これは車外から取り込んだ空気を強制的に圧縮する過給器という補機を設ける事により実現できる。ターボチャージャーとはエンジンの排気ガスの流れ(運動エネルギー)を利用した過給器である。ターボチャージャーはタービン側及びコンプレッサ側の二つの羽根車を持つ。羽根車は同じ回転軸上に対称に取り付けられており、それぞれかたつむりのような形のハウジング内に収められている。タービン側の羽根車をタービンホイールと呼び、コンプレッサ側をコンプレッサホイールと呼ぶ。タービンハウジングはエンジンの排気マニホールド出口に接続され、排気ガスがタービンホイールを回転させると、同軸上にあるコンプレッサホイールも回転し、コンプレッサハウジングから空気を排出する。このとき空気は加圧されてエンジンのインテークマニホールドに送られる。