レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ダウンフォース(DOWN FORCE)

走行するマシンに対して路面に垂直に押し付けるような方向に発生する力で、マシン周囲の空気の流れをコントロールする事で得られる。空気の流れをコントロールする技術をエアロダイナミクスと呼ぶ。この技術の基本的な考え方はマシン上部よりも下部の気圧を低くする事にある。マシン下面が負圧になれば当然上面の圧力によりマシンは地面に向かって押される力を受ける。これは荷重移動以外の方法でタイヤのグリップを引き出す方法であり、コーナリングスピードをより高める事が可能になる。こういった技術のほとんどがF1でのマシン開発から生まれた。マシン前後に設けられたウイングは揚力を利用したものであり、ボディやシャシーの形状もしくはディフューザー、ハイノーズはベンチュリ効果(グラウンドエフェクト)を利用したものである。これらエアロダイナミクスの開発は一重にダウンフォース増大を目的としたものである。モータースポーツの歴史においてエアロダイナミクスの進歩はより大きなダウンフォースを生み出し、マシンのコーナリングスピードは飛躍的に高まった。しかし中にはスピード増大に見合うだけの安全性が伴われていないと判断された技術もあり、容赦なく禁止の規則が設けられた。グラウンドエフェクトを規制するステップドボトム規制等が分かり易い例と言える。