レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

直列型エンジン

エンジンは4気筒、6気筒、8気筒・・・と複数のシリンダーを持つ。シリンダーが一列に配列されたレイアウトを持つエンジンを直列型エンジンと呼ぶ。この形式はシリンダーヘッド及びカムシャフトが1式で済む為、2式必要なV型や水平対向型エンジンに比べてシンプルな構造であるという利点がある。構造のシンプルさは部品点数の少なさに繋がり扱い易さに優れ、性能を発揮し易くトラブルが発生しにくく、コスト面においても有利であると言える。4気筒以下の直列型エンジンならばコンパクトに作る事も難しくなく、非常にバランスの良いエンジンを作る事が出来る。しかしながら6気筒以上になるとシリンダーの配列方向にエンジン全体が長くなり、その分エンジン配置の為のスペースが必要となる。