レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ディスクブレーキ(DISK BREAK)

制動装置の形式の名称で、車輪と一緒に回転しているブレーキディスクと呼ばれる円盤に対し両サイドから摩擦材(ブレーキパッド)を押し当てて摩擦させる事により制動力を得るもの(摩擦によりマシンの運動エネルギーは熱エネルギーに変換される。熱エネルギーはブレーキディスクから大気へ放出される。)。ブレーキパッドはブレーキキャリパーという金属ブロックにブレーキディスクを両側から挟み込む格好で取り付けられ、ブレーキキャリパーの持つピストンに押されてブレーキディスクに押し付けられる。ピストンはドライバーが操作するブレーキペダルとブレーキホースで連結されており、ブレーキホース内のオイル(ブレーキフルード)がブレーキパッドにペダル踏力を伝える。制動性と放熱性に優れた制動形式で、全てのフォーミュラマシンがディスクブレーキを採用している。

ディスクブレーキ(DISK BREAK)