レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

点火時期(IGNITION TIMING)

ガソリンエンジンは圧縮した混合気を爆発させるために点火プラグに通電して燃焼室内で火花を発生させ爆発を促す。1サイクルにおいて点火プラグに通電するタイミングを点火時期という。点火時期はECU(エンジンコントロールユニット)と呼ばれるコンピュータによって制御される。理想的にはピストンが上死点(燃焼室容積が最小となる位置)にある時に燃焼圧力が最大となるような点火時期であれば最も効率よくパワーが得られる。市販車のエンジンのような、オーバーホール不要で長年使用できるような耐久性を求められるエンジンと異なり、レーシングカーのエンジンはレース中のパワーのみを重視するため、点火時期は上記のような理想的なパワーを得られる仕様に設定される。カテゴリが高くなればなるほどその傾向は強くなる。エンジン回転数が高回転域になればなるほどピストンの動きも速くなる訳であるが、当然の事ながら、燃焼室内での火炎の広がる速さは変えようが無い。効率よくパワーを得るためにピストンが上死点にあるタイミング、つまりピストンが膨張行程に入り、燃焼室容積が大きくなり始める前に燃焼室内の混合気を完全に燃焼させたい訳である。従ってエンジンの回転数に応じた点火時期を設定してやる必要がある。その結果、高回転域になるにつれて点火時期を早める設定となる。