レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

電子制御式燃料噴射装置(ELECTRONICALLY-CONTROLED FUEL INJECTION DEVICE)

電子制御とは電子回路やコンピュータを利用して機械の制御を行うことを指す。自動車エンジンの燃料噴射装置はキャブレター(燃焼室で発生する負圧を利用して空気と燃料の混合気を供給する機器)に代わって、より高精度の燃料噴射を可能にするために電子制御を用いて適切な量の燃料を積極的に供給する装置である。燃料を噴射するノズルはインジェクターと呼ばれる電磁弁(ソレノイドバルブ)で、燃料ポンプによって常に高い圧力の燃料が供給されている。ノズルの噴射口はスプレーのように燃料を細かい粒子状にして噴射するようにできており、電磁弁に電流が流れることにより弁が開いて燃料を噴射する。燃料の噴射量は流入空気量に応じて噴射時間を調整して行われる。