レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ドライサンプ(DRY SUMP)

市販車のエンジンはエンジン下部にオイルパンというオイル溜めを設け、エンジンの内部だけでオイルを循環させるウェットサンプ方式を採用しているが、レーシンクカーのエンジンではオイルのリザーバータンクをエンジン外部に設けるシステムを採用する。これをドライサンプ方式と呼び、この方式ではオイルパンは単なる受け皿としての役目しか持たない。ウェットサンプ方式はコーナリングの遠心力でオイルパン内のオイルが片寄り、オイルポンプが空気を噛み易く安定したオイル供給に支障が出易いためレーシングカーには向かない。ドライサンプ方式では、外置きのリザーバータンク内のオイルをオイルポンプで圧送するため、安定したオイル循環ができる。また、エンジン下部にオイル溜めが無い分エンジンを低い位置に配置でき、重心を低くできるメリットがある。