レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

ドライブシャフト(DRIVE SHAFT)

ディファレンシャルギヤの回転を車輪に伝える回転軸となる部品。回転を伝えつつもサスペンションのストロークによる後輪の位置変化に対応して回転の向きを変えるため、シャフト両端の接続部には等速ジョイント(駆動軸と非駆動軸との間に角度が生じても回転速度を等しく伝えることが出来る接続機構)が用いられる。