レースぺディアは自動車レースの専門用語辞典です

トーションバースプリング(TORSION BAR SPRING)

サスペンションに使われる棒状のスプリングで金属棒がねじれた時の反発力利用するもの。スプリングと言えばコイルスプリングが一般的だが、コイルの巻き径の分だけスペースを必要とする。トーションバースプリングはそれ自体まっすぐな一本の棒でしかないのでコイルスプリングに比べてスペースを取らないという利点がある。特にフォーミュラカーの場合、コイルスプリングを採用する場合カウルの外に配置したのでは空気抵抗になってしまうため、カウル内に収める必要がある。しかしカウル内のスペースが非常に限られるフォーミュラカーにとってコイルスプリングのとる容積は決して小さいものではない。